東京・青山の服飾・ファッション専門学校、青山ファッションカレッジ

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-17
03-3401-0111

学校紹介

歴史

伝統を礎に、
最先端のファッションを学ぶ

創始者 原のぶ子は、昭和9年フランス・パリに留学し、服飾デザインを学ぶとともに立体裁断を修得。帰国後は「原のぶ子アカデミー洋裁」を設立し、ヨーロッパの服飾文化や立体裁断の技術を日本に広めました。本校は、日本における西洋服装文化の発展に寄与してきた伝統ある学校で、時代とともに移り変わるファッションの最先端を学べるよう、常に進化し続けています。

服飾研究科 / ファッションデザイナー
創始者 原 のぶ子
明治34年
山形県飽海郡松嶺町(現・酒田市)に生まれる
昭和9年
文部省よりヨーロッパ各国の服飾研究調査を委嘱され、渡仏
昭和14年
帰国
昭和16年
アトリエ「原のぶ子服飾研究所」創立
昭和23年
「原のぶ子アカデミー洋裁」設立、学校長に就任
昭和28年
学校法人原学園理事長に就任。
デザイナークラブ「サロン・デ・モード」設立、会長に就任
昭和51年
勲五等瑞宝章を授与される
平成9年
逝去

沿革

昭和23年
東京都の認定校として「原のぶ子アカデミー洋裁」を設立
昭和28年
「学校法人原学園」として、私立学校法に基づく学校法人の認可を受ける
平成3年
新校舎完成(地上4階・地下1階)
学校教育法に基づく専修学校の認可を受け、校名を「専門学校青山ファッションカレッジ」と改称
平成19年
全館リニューアル工事を実施

TAKEO KIKUCHI Message

クリエイティブディレクター
菊池 武夫
TAKEO KIKUCHI

昭和37年 原のぶ子アカデミー洋裁
(現・青山ファッションカレッジ)卒業

基本をしっかり学び、自分の引き出しを豊かにする。ファッションの世界で活躍する基盤を培ってほしい。

基本をしっかり学び、自分の引き出しを豊かにする。ファッションの世界で活躍する基盤を培ってほしい。

立体裁断のスキルと自立した
姿勢を体得した学生時代

僕は本校創始者である原のぶ子先生から、直接指導を受けました。立体裁断は、原先生がフランスで身につけて日本に広めたもの。教えていただいた「自分のイメージを立体裁断でカタチにして確認する」という技術は、その後ファッションの世界で仕事をしていく上で、僕の基盤になったと思います。美しいシルエットで心地よく体にフィットする服を仕立てる際に欠かせない、「布の地の目を意識する」といった知識も先生から学びました。学校には、体感を通じて学生のクリエイティブな意欲を伸ばそうという雰囲気があり、ファッションショーなどで実際に手を動かしてつくる機会も数多く与えられました。こうした環境の中で、自分から行動を起こしてその結果に責任を持つという、クリエイターとしての自立した姿勢を体得できたと感じます。

人を本当に成長させるのは
「出会いと体験」

現代では、知らないこともインターネットで検索すればすぐに答えが見つかります。そうして得た知識はその場では役立つかもしれないけれど、本当の意味で自分の血肉にはなっていない。成長するためには、やはり人と触れ合い、体験の中から学び取っていくことが欠かせません。ファッションへの憧れや自分のやりたいことを押し出すばかりではなく、まず基本をしっかりと学んで、自分の手でつくる経験を重ねることが大切だと思います。
また学生時代には、ファッションだけでなくアートや映画など、いろいろな分野の作品にも積極的に触れてほしい。それぞれの作品の中でつくり手のどのような気持ちが表現されているのか、何が私たちを引きつけるのかを感じ取り、考える。そうした時間が自分の引き出しを豊かにし、ファッションの世界で活躍する際に大きな財産となることでしょう。

校長挨拶

本校の位置する青山・表参道・原宿エリアは、日本を代表するファッション情報発信地で、数多くのショップが並び、ハイブランドからストリートファッションまで、あらゆるファッションに接することができます。流行をいち早くキャッチできるこの場所は、ファッションを学ぶには理想的な環境といえます。

本校では、時代の変化を見据え、ファッション業界の多くの仕事に対応する幅広いカリキュラムを用意し、社会に出て通用する技術・知識を習得するべく、実習・演習を多く取り入れた実践的な授業を行っています。また、一人ひとりの個性や能力を伸ばすために、実務経験豊富な教員が丁寧な指導を行うとともに、設備面やホスピタリティにも配慮し、快適な空間で真剣に学ぶことができる、楽しい学校づくりに努めています。

ファッション業界で活躍するには、幅広い専門知識・技術を身につけることはもちろんですが、社会人として必要なコミュニケーション力や、感性・ファッションセンスを磨くことも大切です。さまざまなファッションやカルチャーに触れ、自らのポテンシャルを高め、それぞれの夢に向かって大きく羽ばたいてください。本校は、そのような皆さんを心から応援しています。

学校法人原学園 理事長
専門学校 青山ファッションカレッジ 校長
江口 祟裕

教育情報

教育方針

アドミッションポリシー 〜本校が求める学生像〜

  • ・「ファッションが好きな方」または「ファッションに関心がある方」
  • ・将来的にファッションに関係する仕事に就きたいという目標をもっている方
  • ・高校までの「基礎的な学力」および「基本的な生活習慣」を身につけている方
  • ・社会における基本的なルール・マナーを身につけていて、他者とのコミュニケーションを大切にできる方

カリキュラムポリシー 〜教育課程編成・運営方針〜

  • ・実習、演習を多く取り入れ、より実践的なカリキュラムで、各学科の専門領域 における専門知識・技術を習得する
  • ・社会に出て必要とされる応用力を養うために、多くの専門関連科目を設け、幅広い基礎的な専門関連知識・技術を習得する
  • ・一人ひとりの個性を活かし、得意分野を伸ばすとともに、ファッション的な感性を高めることにより、
    ファッション関係の仕事に就くための基盤を構築する
  • ・社会人として有益な、コミュニケーション力、語学力、情報リテラシーを身につける
  • ・時代の変化に対応した教育課程の編成に努める

ディプロマポリシー 〜卒業時に身につける能力〜

  • ・履修学科の専門分野の中で、一つ以上の得意科目を見出し、高度な専門性を有していること
  • ・履修学科の専門分野および専門関連分野の、幅広い基礎的な知識・技術を有していること
  • ・ファッション業界人として相応しい、ファッション的な感性を有していること
  • ・社会人としての基本的なビジネスマナーとコミュニケーション力を有していること
ページの上へ